--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.28

山を越えたら滝があった。

滝は壮大だった。


滝の壮大は、

落ちるべき場所を知っているからだろうか。

自分の結末を近くに、そして鮮明に分かっている。

滝は終わりを知っている。自分で定める終わりではないから、

なおさら、よく知っている。


もし、僕が、

自分の命が落ちる場所を知っているなら、

僕は壮大になれるだろうか。


なれそうにないな。何を知っても、僕は僕のままで。


一呼吸ついて、僕はまた、滝を見る。

滝は凄みを増した。

僕はまた、色々なことを考え続けるだろう。



でも滝は、何も考えない。

ただただ、滝は壮大なままで。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://cyclohexane.blog16.fc2.com/tb.php/31-d4212364
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。